知らないと損する面接必勝法

あなたは書類選考に通りやっと面接にこぎ付けたからには、
面接の失敗はしたくないはずです。

学歴で面接に通る時代ではなくなっている世の中。
企業が必要とする人材も変わってきています。
面接を通るにはそれなりのテクニックが必要なのです。

面接で、面接官の目に止まる人材である事のアピールの仕方を紹介。

○企業を良く知る
数うち当たるの精神で応募したと思われないためにも
応募をした企業の事は良く調べておきましょう。
企業のHPがあれば一番良いのですが、もしもHPがない場合
その場合でも、その企業の事業内容は分かっているはずです。
その事業内容から掘り下げて【興味を持った事・興味のある事】を
セリフとして用意しておきましょう。
面接では、高い確率で「弊社に応募した動機は?」と聞かれます。
その時に、最低でもその企業の事業内容に関連する内容で
答えられるようにしましょう。

○柔軟性をアピール
大抵の企業が人材に求める事は得意分野だけでなく
場合によては他分野にも対応できる柔軟性を持った人材です。
臨機応変な対応が出来る人材はあらゆる局面においても
上手くスリ抜け問題の解決ができます。
「業績に繋がる事でしたらバックアップも積極的にやって行きたい」
というような内容で業種に合った言葉を考えておきましょう。
言葉を用意しておく事で、受答えの言葉の端々に柔軟な印象を
与える事につながります。

○積極性
企業としては、いわれた仕事だけをこなす人材よりも
プラスアルファまでの仕事が出来る人材を望んでいます。
それは積極性や前向きな姿勢から与える印象によるものです。
面接時には企業を知ろうとする姿勢を見せたり
積極的な印象を与えるようにしましょう。

○経験
すぐに使える人間を、どの企業も欲しがっています。
応募した企業の事業内容に関連する経験は
積極的にアピールしましょう。
実務がなくても良いので、関連した内容のセミナーや
講習の参加経験がある場合は履歴書とは別紙でリストを作って
添付しても良いアピールになると思います。

○チームプレー
同じプロジェクトや部署内では分担や連携での仕事で
一つの仕事の達成度が違ってきます。
意見をいう事も必要ですが、意見を聞くという事も
とても重要になってきます。
学生時代の時の経験でも良いのチームでの制作や研究を
経験している場合はそのような内容も履歴書に添えると
アピールとなります。

○専門分野
特に秀でて得意な分野がある場合は是非アピールして下さい。
その分野が企業の事業と関係ない場合も、どのようなプロセスで
専門分野を取得したかの経緯やこれから御社で他の専門分野を
構築していきたいという意欲もアピールすると良いでしょう。

○モチベーション
モチベーションを維持できる人材は企業にとって潤滑的存在となる人材と
受け取られます。

モチベーションを維持できるエネルギッシュなイメージを
与えるように、思い当たる経験がある場合はその業績も
是非アピールしてください。

現在の面接では、どれだけの引きだしをもっているか?

人間的な成熟度がポイントとなっています。
アピールできる部分は最近の事に限らずアピールポイントとして
それぞれの事柄をセリフにおこして前もって作っておくと
面接時に臨機応変な対話が出来ます。

面接の作法はもちろんですが作法だけでなく、
アピール出来るストリーを数多く用意して面接に挑んで下さい。

マイナビエージェント 大手・有名企業、首都圏のIT・営業職求人が豊富マイナビエージェントの無料転職支援
マイナビ看護師 看護師 求人・転職・募集ならマイナビ薬剤師。専任のキャリアコンサルタントがあなたの転職活動をバックアップしてくれます
マイナビ薬剤師 日本最大級の薬剤師の転職サイトが【マイナビ薬剤師】です。薬剤師の求人・転職を無料で支援してくれる
マイナビエージェント×IT IT・Webエンジニアの転職に強いのがマイナビエージェント×IT 豊富な求人情報で、あなたの転職をプロがサポート
女性の転職『ウーマンウィル』 WomanWillの無料転職支援|女性のための人材紹介・転職のウーマンウィル

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリ:転職面接

« 35歳を過ぎて普通に転職しようと思っていたら甘い(年齢の壁) | ホーム | よくある転職を考えている理由 »

このページの先頭へ

マイナビってどう