配偶者特別控除と社会保険の適用!その年収範囲は!?

koujo500.jpg

主婦が仕事を探す時に一番気になるのが勤務環境ですよね。

とくに子どもを出産して育児休暇が終わる頃に子供をあずけても大丈夫だと思える託児所や保育所です。

妻も働いているのだから託児所は少しぐらい高くてもいいと思っている人が周りにはいます。中には、毎月8万円の収入に対し、無認可の保育園に入れているため8万円の保育料がかかるケースもあります。

仕事を探すまで一時的なケースがほとんどですが、働き場所を見つけ、認可保育園に入れるようになるまでは皆、苦労している様子が分かります。



尚、自分の雇用体制を把握しておかないと後になって税金が増える場合が結構あります。一生懸命働いたのに、逆に手取りの給与が下がってしまうのです。


一般的に夫の扶養から外れてしまわないようにするためには年収は130万円以下にならなくてはいけません。月に換算すると8万円?9万円以下の収入になります。そうなると1週間に働ける時間は限られてしまいます。

しかし、小さな子供を抱えての仕事はパートでも難しいことがあります。小さな子どもが熱を出すと急いで途中退社することが多くなります。会社側はそんな主婦に大事な資料や仕事を全面的にはなかなか任せづらいケースがほとんどです。


それでも子供の教育費や教科書代・大学受験など、生活するにはお金が必要になってきます。そのため最近では他のアルバイトやパートを掛け持ちする主婦増えてきます。手軽に主婦が仕事を始めるときはコンビニやスーパーなどで働く人もいます。

雇用の時間帯も学生は日曜祭日もアルバイトができるので時間が調整できるのであれば店主側も重宝します。長く働きたい主婦にとってはありがたい雇用体制になります。


しかし長時間になり、収入が年間で130万円を超えてしまうとと夫から扶養が外されて税金も自分で支払うことになります。

せっかく家計のために仕事をしているのに所得税市民税などに引かれてしまうと働く意味がなくなってしまうケースも発生します。仮に妻のが103万を超えて仕事をすると妻の給料から所得税が引かれることになります。

配偶者特別控除額も妻の年収によって段階的に控除額が変わってくるので気をつけたほうが良さそうですね・・・

しかし、配偶者特別控除が減っても年収が増えていき家計の収入もアップできれば問題はありません。


今日現在は103万円の壁と、130万円の壁の2つを意識して働くことがポイントです。
越えるなら大きく超えてしまえば相対的に給与は増えますが、問題なのはギリギリ越えてしまうケースです。また、今後、

配偶者特別控除の廃止が検討されていたり、社会保険の適用範囲が広がる可能性があります。この2つが変わることで、主婦パートの手取り額は年間で数十万円も減ってしまう可能性が出てきました。政治の動き方にも注意を払う必要があります。

マイナビエージェント 大手・有名企業、首都圏のIT・営業職求人が豊富マイナビエージェントの無料転職支援
マイナビ看護師 看護師 求人・転職・募集ならマイナビ薬剤師。専任のキャリアコンサルタントがあなたの転職活動をバックアップしてくれます
マイナビ薬剤師 日本最大級の薬剤師の転職サイトが【マイナビ薬剤師】です。薬剤師の求人・転職を無料で支援してくれる
マイナビエージェント×IT IT・Webエンジニアの転職に強いのがマイナビエージェント×IT 豊富な求人情報で、あなたの転職をプロがサポート
女性の転職『ウーマンウィル』 WomanWillの無料転職支援|女性のための人材紹介・転職のウーマンウィル

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

, ,

カテゴリ:年収

« 社畜よ、さらば!どうしたら社畜を辞められる? | ホーム

このページの先頭へ

マイナビってどう